感染者の行動歴や症状、ウェブで一元管理…厚労省、21自治体で試行へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染者に関する情報をウェブ上で一元管理する新システムについて、厚生労働省は近く21自治体で試行に乗り出し、結果を踏まえて今月にも全国で本格導入する。

 新システムは「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER―SYS)」。ウイルス検査を受ける一人一人にIDを付け、保健所や医療機関などが検査結果や行動歴、体温や症状などを随時入力。都道府県や国もこれらの情報を共有できる。

 現在のシステムでは、感染者が出た場合、医師らが手書きの「発生届」を保健所にファクス送信。保健所がパソコンで入力し直し、都道府県や国にメールなどで報告している。自治体の中には、患者の急増で集計に大幅な遅れやミスが出るケースもあった。

 自宅などで療養中の患者の症状についても、患者自身がスマートフォンなどで入力できるようにし、保健所の負担軽減や、病状の変化への迅速な対応につなげたい考えだ。同省の担当者は「作業を効率化し、実態をより正確に把握できるようにしたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1216376 0 社会 2020/05/12 18:46:00 2020/05/13 01:07:27 2020/05/13 01:07:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ