女性医師、偏見に苦しむ…「風下にウイルス飛んだら責任取るのか」電話相次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスに入院患者が感染していることが判明した茨城県内の病院に勤める50歳代女性医師が読売新聞の取材に応じ、偏見に苦しんだ当時を「職員を含め、病院全体が汚染されているように見られていた」と語った。病院は既に外来診療などを再開しているが、「次に感染者が出れば、『やっぱりまた』という目で見られ、駄目になってしまう」と述べ、不安な胸の内を明かした。(前村尚)

 

■多くの非難の声

 「病院の風下にウイルスが飛んできたら、どう責任を取るのか」。この病院には当初、こうした電話が相次ぎ、職員は対応に忙殺された。近くの別の病院にも「そこは大丈夫か」「受診をやめたい」といった問い合わせがあったという。

 女性医師は街中で買い物をしている姿を見られれば、非難されるのではないかと不安になり、「病院も職員も周辺地域も汚染されているように見られている」と感じた。職員の中には、眠れず、話し出すと涙があふれる人も何人かいた。「コロナの病院と言われてもいい。1回、全部休みにしたい」という声もあった。

 

■助け合う難しさ

 新型コロナ特有の大変さも経験した。

 自然災害なら、「お互いさま」という意識で、地域の医療機関同士が助け合って診療する。しかし、今回は、感染拡大防止のため、医師の派遣や患者の受け入れが中止になった。女性医師は「感染者が出れば、その医療機関には大きな迷惑がかかってしまう」と話す。

 特に経営規模の小さな開業医で感染者が出れば、廃院の危機すらある。女性医師は「職員の家族が先日、ある開業医を受診しようとしたら、『あそこの病院の家族なら駄目だ』と断られたと聞いた」と説明する。

 

■心も駄目に

 新型コロナは無症状の感染者がいるほか、発症前に感染力が強いとも聞く。外来診療に訪れた人が後日、陽性と判断される可能性も否定できない。

 女性医師は「対策を徹底しても防げない時があるかもしれない。でも感染者が出れば、『やっぱりまた』と見られてしまう。そうなると、病院自体も、医師や看護師の心も駄目になってしまう」と話す。

 その上で「診療を行わなければ、病院で感染者は出ないが、それでは、地域の他の医療機関にしわ寄せが行く。本来、予定していた治療が受けられない患者を生むわけにはいかない」と話し、不安と闘いながら診療に当たっているという。

     ◇

 全国的に、医師や看護師への激励や感謝の声が集まっている。だが、医療機関を支えるのは、こうした人たちだけではない。

 「病院清掃作業員も、感染のリスクを負いながら仕事をしている。厳しい声に耐えながら、電話で応対したり、窓口で業務にあたったりしている事務職員も大勢いる。そういう人たちにも直接、温かい言葉をかけてほしい」。最後に女性医師はそう付け加えた。

 筑波大医学医療系の高橋晶准教授(災害・地域精神医学)は「新型コロナは人の心も壊す。今は、誰もが感染のリスクがある異常事態だ。そういう時には、偏見が無意識に表に出やすくなりがちだ」と分析する。

 その上で「医療従事者は地域の人の命を守るために働いていることに思いを巡らせてほしい。積極的に診療をすればするほど、感染者が出るリスクは高くなる。対応が難しい新型コロナでは、感染者が出ることはミスではなく、むしろ新型コロナと闘った証しととらえてほしい」と強調する。

 高橋准教授は、医師や看護師をアスリートにたとえ、「私たちの命を守るために、医師や看護師が最高のパフォーマンスを発揮できるよう手伝ってほしい。我々の言動が彼らのパフォーマンスを低下させてしまえば、ブーメランのように私たちに跳ね返り、地域医療に悪影響を及ぼすと想像してほしい」と話す。

無断転載禁止
1220015 0 社会 2020/05/14 15:05:00 2020/05/14 16:11:51 2020/05/14 16:11:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ