読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

近づく夏、「マスク熱中症」にご用心…気づかぬうちに脱水症状

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏本番を前に、新型コロナウイルスの感染対策としてマスクを着用することで熱中症の懸念が強まっている。熱が体にこもり、気づかないうちに脱水症状を起こす恐れがあり、専門家は「こまめに水分補給を」と注意を呼びかけている。(蛭川裕太、田辺里咲)

水分足りていると錯覚

 気象庁によると、15日午後1時の東京都中心の気温は26.5度で、6日連続で夏日になった。東京都豊島区の巣鴨地蔵通り商店街では14日、強い日差しの下、マスク姿の高齢者が行き交っていた。仕事帰りに立ち寄ったという足立区の清掃業の女性(74)は「先日、マスクをして買い物中に、暑くてめまいがした。それ以降、人が密集していない場所ではマスクを外すなど無理はしないようにしている」と話した。

マスクを着用して商店街を歩く人たち。気温が上がる中、熱中症が心配される(14日午前9時17分、東京都豊島区で)=冨田大介撮影
マスクを着用して商店街を歩く人たち。気温が上がる中、熱中症が心配される(14日午前9時17分、東京都豊島区で)=冨田大介撮影

 政府の専門家会議が4日に提示した「新しい生活様式」では、外出時に会話する際などには症状がなくてもマスクを着用するよう求めており、当面はマスクが手放せない生活が続く見通しだ。気象庁によると、今年の夏は全国的に平年より気温が高くなると予想される。

 「マスクの着用で熱中症になるリスクは一段と高まる」と指摘するのは、熱中症予防に取り組む医師らでつくる「教えて!『かくれ脱水』委員会」委員長の服部益治・兵庫医科大特別(しょう)(へい)教授だ。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1223324 0 社会 2020/05/16 09:51:00 2020/05/16 09:51:00 2020/05/16 09:51:00 マスクを着用して商店街を行き交う高齢者。気温が上がる中、熱中症が心配される(14日午前9時17分、東京都豊島区の巣鴨地蔵通り商店街で)=冨田大介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200515-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)