検察庁法改正案に抗議、ツイッター500万件超…転載で関心拡大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 検察庁法改正案を巡っては、ツイッターで抗議に関する投稿が500万件超に上った。研究者や調査会社は、一部の人が転載(リツイート)機能を多用して投稿数が膨らんだと分析しつつ、「SNS利用者の大きな関心を集めたのは間違いない」と指摘する。

 ツイッターでは、他人の投稿に賛意を示したり、知人に知らせたりしたい場合、ボタンひとつで転載できる。

 SNSの分析が専門の鳥海不二夫・東大准教授(計算社会科学)が改正案への抗議が増えた5月8日午後8時~11日午後3時の投稿を調べたところ、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグ付きの投稿は約473万件だった。このうち自分で投稿した人のアカウント数は約32万人で、投稿数は約56万件だった。

 転載分は約417万件となるが、重複を除いたアカウント数は約59万人だった。鳥海准教授は「一部の利用者が転載を繰り返したことで投稿数が膨らんだ」とみる一方、「約59万人のアカウント数は非常に多く、法案への反対でこれほど盛り上がるのは異例だ」と話す。

 SNS調査会社「ホットリンク」(東京)が5月8日~13日の投稿を対象に行ったサンプル調査では、同様のハッシュタグの投稿は約564万件。このうち自ら投稿した利用者の投稿数は約76万件だった。

無断転載・複製を禁じます
1222332 0 社会 2020/05/15 20:09:00 2020/05/15 20:38:29 2020/05/15 20:38:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ