フェースシールドつけて「新しい飲み会」…おしゃべりはハンカチで口元覆って

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

フェースシールドをつけて飲食する人たち(15日、大分市で)
フェースシールドをつけて飲食する人たち(15日、大分市で)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「新しい生活様式」での飲み会を考えるきっかけにしようと、大分県職員の有志らが15日夜、フェースシールドをつけるなどして飲食を楽しんだ。

北朝鮮のコロナ発熱者、1日あたりで1万人を下回る…「第1波終わった」との見方

 県と県酒造組合(大分市)が感染防止に取り組む店を支援しようと企画。参加者約60人が市内の3店舗に分かれ、クリアファイルと輪ゴムで作ったフェースシールド姿で飲食したり、口元をハンカチで覆って会話したりした。県政策企画課の工藤哲史課長は「フェースシールドには慣れていないので飲み食いしにくかった。これからは、それぞれができることを探していく必要があると思う」と話した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1223258 0 社会 2020/05/16 07:27:00 2020/05/16 18:51:24 2020/05/16 18:51:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200516-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)