読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宣言解除されても…人影まばらな遊園地、第2波阻止へ「再開できたけど緊張感ある」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

営業再開後、初の週末を迎えた「とちのきファミリーランド」。まだ人影はまばらだ(16日午前、宇都宮市で)=沼田光太郎撮影
営業再開後、初の週末を迎えた「とちのきファミリーランド」。まだ人影はまばらだ(16日午前、宇都宮市で)=沼田光太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が39県で解除されて初の週末を迎えた16日、営業を再開した各地の遊園地やテーマパークには家族連れらが訪れた。各施設では来場者の検温を行うなど、流行の「第2波」の阻止に努めていた。

 宇都宮市の遊園地「とちのきファミリーランド」はこの日、雨天が予想されていることもあって人影はまばら。同園は入り口で検温を行っているほか、客が感染した場合に備えて代表者に氏名や住所、連絡先などの記入を義務づけており、宇賀神哲也所長(54)は「再開できてほっとしたが、緊張感もある」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1223437 0 社会 2020/05/16 11:43:00 2020/05/16 11:43:00 2020/05/16 11:43:00 営業を再開した「とちのきファミリーランド」(16日午前10時48分、宇都宮市で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200516-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)