読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

復興住宅で60歳代男性が孤独死…コロナで見守り訪問中止、棟の管理人決められず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 原発事故避難者向けの福島県南相馬市原町区の復興住宅「南町団地」で13日、浪江町の60歳代男性が自室で死亡しているのが見つかっていたことが分かった。男性は一人暮らしで、病死とみられる。浪江町社協は、新型コロナウイルスの感染拡大により、定期的な見守り訪問を2月から中止していた。周囲も異変に気づけず、感染対策のもとで孤独死を防ぐことの難しさを改めて浮き彫りにしている。

 県や南相馬署などによると、団地は5階建てで男性は最上階に住んでいた。市から「水道使用が止まっている」と連絡を受けた同署員が訪ねて発見したが、既に死後一定時間が経過していたという。

 男性の安否確認は月1回程度、町社協が直接訪問して実施。しかし、感染拡大の影響で2月中旬以降は対面をやめ、インターホン越しや電話による確認に変更していた。生活支援相談員が男性と最後に電話で連絡を取ったのは3月上旬。その後はつながらず、安否が分からない状態が続いていたという。

 町社協は「孤独死は他の復興住宅でもすでに起きている。5人の生活支援相談員で多くの高齢者を担当する現状の体制で孤独死を防ぐには限界がある」と説明する。今回は感染対策の強化や外出自粛の要請もあり、独居高齢者の様子はますます把握しづらくなっていた。団地に自治会はないが、県の依頼で棟ごとに住人の中から管理人を決めて運営している。ところが、新型コロナウイルスの影響で、管理人を決める話し合いも開けず、男性が住む棟は4月以降、管理人が不在だった。このほか、県が復興住宅の管理を委託する民間業者も見回っていたが、気づかなかったという。

 同じ棟に住む住人(64)によると、男性は周囲との交流は少なかったが、足腰が丈夫で朝の散歩が日課だったという。近所のスーパーまで歩いて買い物に行き、団地の清掃活動にも毎回参加していた。「会ったらあいさつを返してくれた。もっと気にかけてあげていれば、助かったかもしれない」と残念がった。

無断転載・複製を禁じます
1224806 0 社会 2020/05/17 08:50:00 2020/05/17 09:09:07 2020/05/17 09:09:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)