三陸鉄道の新駅「新田老駅」開業、街づくりの拠点として期待

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県沿岸部を走る三陸鉄道リアス線の新駅「新田老しんたろう駅」(宮古市)が18日、開業した。東日本大震災の津波で被災した周辺地域には災害公営住宅や道の駅などができており、新駅は復興後の新たな街づくりの拠点として期待されている。

新田老駅開業セレモニーで披露されたヘッドマーク(18日午前、岩手県宮古市で)=武藤要撮影
新田老駅開業セレモニーで披露されたヘッドマーク(18日午前、岩手県宮古市で)=武藤要撮影

 新田老駅は田老―摂待せったい駅間に、リアス線41番目の駅として誕生。スロープやエレベーターを備えたバリアフリー構造になっている。災害公営住宅などの建設に伴い、地域で暮らす住民が増えたため、市田老総合事務所の新庁舎とともに整備が進められてきた。駅のホームは、同じくこの日に業務を開始した新庁舎の3階と連絡通路でつながっている。

 ホームでの記念式典では、駅銘板の除幕やテープカットが行われた。新田老発宮古行きの記念列車には、新駅の愛称である「真崎まさき紺青こんじょう」などと書かれたヘッドマークが取り付けられ、地域住民らが小旗を振って見送った。三陸鉄道の中村一郎社長は「新型コロナウイルスで県外からの乗客は減っているが、収束すれば徐々に戻ってきてくれると思う。多くの人に訪れてほしい」と話していた。

 三陸鉄道リアス線は震災後、JR東日本から旧山田線(宮古―釜石駅間)が移管されたことで国内最長の第3セクター路線となり、昨年3月、8年ぶりに再出発した。昨年10月の台風19号では、線路に土砂が流入するなどして、全線の7割が不通になる被害に再び見舞われたが、今年3月20日に全線で運行を再開した。

無断転載禁止
1226406 0 国内 2020/05/18 11:50:00 2020/05/18 12:41:36 2020/05/18 12:41:36 三陸鉄道リアス線新田老駅開業セレモニーで披露されたヘッドマーク(18日午前8時40分、岩手県宮古市で)=武藤要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200518-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ