読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「オンラインお見合い」5組中4組が成立、対面より成立率上回る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響を受け、愛媛県西条市の結婚相談所「しあわせたまご」がオンラインのお見合い事業を始めた。4月26日以降に5組を引き合わせ、4組のカップルが成立。対面による成立率の約4割を大きく上回り、担当者は「新たな婚活モデルになる」と力を込める。

 相談所は登録する男女約200人のお見合いや婚活イベントを企画し、成婚までをサポート。感染拡大に伴い、4月5日以降は全てのイベントを中止した。

 会員から「時間が惜しく、出会いの場を提供してほしい」との要望は強く、オンラインのお見合いを導入。会員は、提携先を含めた全国の登録者から希望に沿う相手を探し、相手側も了承すればお見合いとなり、インターネットのビデオ会議サービスを使って自宅などで30分ほど会話する。

 松山、新居浜両市などの20~40歳代の5人が4月26日以降、県内外の相手とお見合いし、4組が成立。実際の対面は感染の収束後となるが、SNSなどで連絡を取り合っている。「自宅で落ち着いて話ができた」「交通費や移動時間を気にせずに申し込める」などと好評という。

 婚活カウンセラーの高橋正明さん(34)は「オンラインならではのメリットも見えてきた。新たな婚活モデルとして、感染が収束した後も力を入れていきたい」と意気込む。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1229943 0 社会 2020/05/20 08:21:00 2020/05/20 08:21:00 2020/05/20 08:21:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)