小学校校庭に「アマビエ」巨大な地上絵…教職員が石灰で描く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

校庭に描かれたアマビエの巨大地上絵の周りに集まる児童や教職員たち(21日午前、茨城県坂東市の市立弓馬田小学校で)=鈴木毅彦撮影
校庭に描かれたアマビエの巨大地上絵の周りに集まる児童や教職員たち(21日午前、茨城県坂東市の市立弓馬田小学校で)=鈴木毅彦撮影

 新型コロナウイルス感染の収束を願い、茨城県坂東市の市立弓馬田ゆまた小学校の校庭に、「アマビエ」の巨大な地上絵が描かれた。

 アマビエは、江戸時代に疫病を鎮めると信じられた半人半魚の妖怪で、同校の教職員が「新型コロナウイルスの収束を祈願し、児童たちを元気づけたい」と発案した。教職員たちは、校庭に縦約35メートル、横約25メートルのアマビエを石灰を使って描き、絵の下に「みんなにエール!」と児童への応援メッセージを添えた。

 同校は、臨時休校が続き、21日は学校生活の再開準備にあたる全校登校日。児童たちは、校庭で十分な距離を取りながらアマビエを取り囲み、記念撮影をした。国府田睦校長(54)は「久しぶりに子供たちの笑顔が戻ってきてほっとした」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1232265 0 社会 2020/05/21 12:57:00 2020/05/21 13:14:54 2020/05/21 13:14:54 校庭に描かれたアマビエの巨大地上絵の周りに集まる児童や教職員たち※※※DBには小型無人機で撮影のキーワードを入れてください※※※(21日午前10時44分、茨城県坂東市の市立弓馬田小学校で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200521-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ