休憩室・更衣室でマスク外し会話、感染拡大の原因か…宇都宮のスーパー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇都宮市戸祭元町のスーパー「ヨークベニマル戸祭店」(休業中)を巡り、新型コロナウイルスの集団感染が発生したことを受け、同市の佐藤栄一市長は21日、臨時記者会見を開き、「市民生活の影響は大きい。感染の封じ込めに全力で当たる」と強調した。その上で「まだまだ気を緩めることなく努力しなくてはいけないということ。新型コロナウイルスとは共存する局面に入った」と述べ、改めて感染対策の徹底を市民に呼びかけた。

 佐藤市長は、感染した従業員4人のうち14日に感染が確認された40代女性が感染の起点になったとの認識を示した。4人はいずれも勤務中はマスクを着け、接客もしていなかったが、休憩室や更衣室で従業員同士がマスクを外して会話するケースがあり、市はそこで感染が広がったとみている。

 ヨークベニマル広報によると、従業員は休憩室で食事を取る際、向かい合わず、横に並んで座るようにしていた。更衣室でも同時に3人までしか入らないようにするなど対策を取っていたといい、同社は「お客様に大変な迷惑をかけ、深くおわびする」とした。感染を受け、戸祭店は14日夜から休業し、16日に再開。18日夜から再び休業に入り、今月いっぱいは休業を続ける。

 また、市は20日に感染が確認された50代の従業員ら女性2人の症状や行動歴も発表。50代女性は9日、同僚の40代女性(14日に感染確認)と休憩室で一緒に昼食を取り、この際、感染したとみられる。50代女性は16日にせきの症状が出て、19日夜からはにおいを感じにくい状態が続いている。17日以降は出勤していない。40代女性(19日に感染確認)と同じ部門で働いていた。

 市は20日、従業員4人と家族2人の計6人の感染が確認され、栃木県内初のクラスター(感染集団)が発生したとの見解を示していた。ただ、従業員の感染は4人で、「同じ場所での接触が明らかな感染者が5人以上いる場合」とする県の認識には該当しない。佐藤市長は「今回、企業側は対策をしており、従業員も『自分が陽性になる』とは考えてもみなかったと思う。だが集団的に感染していることは事実。新しい生活様式をしなくなると、大規模な感染につながる。そのことを知っていただくため強調した表現にした」と述べた。

 21日は従業員5人のPCR検査が行われ、全員が陰性だった。市の検査はこれで終え、当面、健康観察を続けるという。

無断転載禁止
1234226 0 国内 2020/05/22 12:22:00 2020/05/22 14:19:46 2020/05/22 14:19:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200522-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ