緑地でヒメボタル乱舞…意中の相手探して黄金色に点滅

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

相生山緑地の木立の中を点滅しながら舞うヒメボタル(30秒露光した6枚を合成) (名古屋市天白区で)=佐藤俊和撮影
相生山緑地の木立の中を点滅しながら舞うヒメボタル(30秒露光した6枚を合成) (名古屋市天白区で)=佐藤俊和撮影

 名古屋市天白区にある相生山緑地でヒメボタルが乱舞し、木立の間にいくつもの小さな光が揺れている。

 ヒメボタルは一生を陸上で過ごし、体長は大きいものでも1センチ弱。繁殖期の初夏、深夜になると、人の腰ほどの高さでゆっくり舞うオスと、ひと回り小さいメスが、意中の相手を探して黄金色の光を点滅させる。

 30年近く観察を続ける「相生山緑地自然観察会」の近藤記巳子代表は「美しい光がいつまでも見られるよう願っています」と話している。乱舞は6月上旬まで見られるという。

無断転載禁止
1234576 0 国内 2020/05/22 14:53:00 2020/05/22 14:58:46 2020/05/22 14:58:46 相生山緑地の木立の中を点滅しながら舞うヒメボタル(30秒露光した6枚を合成) (5月20日、名古屋市天白区で)=佐藤俊和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200522-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ