警察取り扱いの遺体、新型コロナ感染は9都府県の男女26人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の警察が3月中旬以降に取り扱った遺体のうち、21日時点で9都府県の男女26人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。警察庁が22日、衆院厚生労働委員会で明らかにした。

 26人のうち、自宅で死亡していたのが11人で、自宅から救急搬送され、病院で死亡が確認されたのが9人だった。残りの6人は路上や勤務先などで容体が悪化し、病院で死亡した。

 中には生前にPCR検査を受け、結果が出る前に自宅で死亡したケースもあった。地域別では東京15人、埼玉3人、兵庫2人、群馬、神奈川、静岡、三重、大阪、和歌山で各1人。警察は保健所などに届け出ており、各地の感染者数や死者数に含まれているとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1235145 0 社会 2020/05/22 19:48:00 2020/05/22 19:48:00 2020/05/22 19:48:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ