「水商売を守る会」、ナイトクラブ感染対策実演…着席前に消毒など16項目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

着席前に手を消毒する下山会長(右)
着席前に手を消毒する下山会長(右)

 鹿児島市の繁華街・天文館のナイトクラブに勤めるホステスらでつくる「水商売を守る会かごしま」は21日、新型コロナウイルス感染防止対策を行う様子を店舗で報道陣に公開した。

 同会は一般社団法人・日本水商売協会(東京)と協議のうえ、独自に新型コロナウイルス感染防止に関する16項目のガイドライン(指針)を作成。店内を禁煙とするほか、おしぼりを使い捨てることなどを定めた。同会はこれまでガイドラインを天文館のナイトクラブやスナック約150店に配布してきたという。

 この日は、天文館のナイトクラブで働くホステス(28)が客役を務めた同会の下山直哉会長(32)に対して感染防止対策を実演。着席する前に消毒液で手を消毒していた。下山会長は「ガイドラインに沿ってそれぞれの店舗でできる対策をするようにこれからも伝えていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1236619 0 社会 2020/05/23 14:32:00 2020/05/23 14:32:00 2020/05/23 14:32:00 着席前に手を消毒する下山会長(右) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200522-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ