夏が来れば思い出すけど、尾瀬はコロナで人影まばら

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山開きしたが、人の姿がほとんどない尾瀬国立公園(23日午前、群馬県片品村で)=大原一郎撮影
山開きしたが、人の姿がほとんどない尾瀬国立公園(23日午前、群馬県片品村で)=大原一郎撮影

 群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園(約3万7200ヘクタール)が23日、山開きした。雪解けが進んだ尾瀬ヶ原周辺ではミズバショウが見頃を迎えているが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、尾瀬保護財団や環境省などは当面の入山自粛を求めており、訪れるハイカーもまばらな、寂しい幕開けとなった。

 群馬県片品村の登山口・鳩待峠では、午前11時までに尾瀬ヶ原への登山道に入ったのは7人だけで、早朝から登山指導に当たる警察官らも手持ちぶさたの様子だった。休憩所や木道などの管理や保全を担当する企業の職員は、「今は来ない方が望ましいが、終息したら豊かな自然を楽しんでほしい」と話していた。

無断転載禁止
1236441 0 社会 2020/05/23 11:07:00 2020/05/23 12:43:27 2020/05/23 12:43:27 入山自粛が呼びかけられ、ハイカーの姿はほとんど見えない尾瀬国立公園(23日午前9時40分、群馬県片品村で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200523-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ