東証1部上場企業で従業員が架空発注、5億8000万円だまし取る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 空調や電気の設備工事などを手がける東証1部上場の「日比谷総合設備」(東京都港区)は22日、従業員が工事を架空発注し、約7年にわたり会社から約5億8000万円をだまし取っていたと発表した。同社は今月12日付で従業員を懲戒解雇とし、法的措置も検討している。

 同社によると、従業員は2012年から19年にかけ、実際の工事業務を担う別業者の従業員と共謀し、架空の工事を発注。同社からこの業者へ費用を支払わせていたという。今年1月、東京国税局から取引について照会があり、弁護士らを交えて社内調査を進めていた。同社は「事態を真摯しんしに受け止め、再発防止に努める」としている。

無断転載禁止
1236502 0 国内 2020/05/23 12:54:00 2020/05/23 13:31:54 2020/05/23 13:31:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ