相談相手増えているのに…「いのちの電話」相談員、自粛で4割減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

電話の声に耳を傾ける相談員
電話の声に耳を傾ける相談員

 新型コロナウイルスの影響で、自殺を防ぐための電話相談「いのちの電話」が各地で態勢縮小や活動停止を余儀なくされている。感染拡大を受け、日々の生活や将来に不安がある人からの相談は増える傾向にあり、相談員らはもどかしい思いを抱えている。(林尭志、南佳子)

 「コロナで相談相手を求める人は増えている。こんな時こそ、一本でも多くの電話を取りたいのに……」。長崎市の「長崎いのちの電話」で相談員を10年以上務める女性(70歳代)は肩を落とす。

 主婦や会社員ら20~80歳代の80人余りがボランティアの相談員として登録している。感染拡大を受け、バスや鉄道などを利用する相談員に活動を控えてもらった結果、相談員は4割減った。1日4~6交代で活動するが、時間帯によっては相談員を置けず、受け付けられないこともある。

 新型コロナ関連の相談は3月に52件と全体の5%程度だったが、緊急事態宣言が全国に拡大された4月は145件と2割に増加。長崎県の宣言が解除されて以降も減る傾向にない。「やっと見つけた仕事が休業要請でなくなった」「外出自粛で話し相手が一人もいない」といった内容で、自殺をほのめかすことも珍しくない。田村繁幸事務局長は「心苦しいが、相談員のそばにも、(ウイルスの)見えない脅威が迫っていることを考えると無理はできない」と話す。

 福岡市の「福岡いのちの電話」にも新型コロナ関連の相談が相次いでいる。3月は25件だったが、4月は97件で、今月はさらに上回るペースという。「会社が倒産しそう。死ぬしかない」「夫がずっと自宅にいて家庭内暴力(DV)が怖い」という深刻な内容もある。

 しかし、福岡県内の感染者が相次いだ3月下旬以降、約180人いる相談員のうち約30人が活動を自粛している。少人数での対応を余儀なくされ、4月の応対件数は878件と前月を100件余り下回った。河辺正一事務局長は「日常生活が戻らず、メンタルに不調を抱える人も多い。相談員は限られた人数だが、丁寧に対応していきたい」と語る。

無断転載・複製を禁じます
1240698 0 社会 2020/05/25 23:44:00 2020/05/25 23:44:00 2020/05/25 23:44:00 電話の声に耳を傾ける相談員(8日午後2時55分、長崎市で)=林尭志撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200524-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ