「紀州のドン・ファン」死亡から2年…遺産13億2千万円、市が「寄付」受け入れ作業

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奔放な生き方から「紀州のドン・ファン」とも呼ばれた和歌山県田辺市の野崎幸助さん(当時77歳)が急性覚醒剤中毒で死亡してから、24日で2年となった。県警は覚醒剤を飲まされた可能性があるとみて殺人容疑で捜査しているが、死亡経緯はいまだ明らかになっていない。一方、酒類販売業や貸金業を営み、資産家でもあった野崎さんの遺産について、田辺市は寄付として受け入れる作業を進めている。

 野崎さんは2018年5月24日夜、自宅2階のソファで死亡しているのを妻と家政婦が発見。体内から致死量を超える覚醒剤成分が検出され、遺体に注射痕がなかったことなどから、県警は何者かに覚醒剤を飲まされた可能性があるとみて、容疑者不詳の殺人容疑で捜査を始めた。ただ、野崎さんが覚醒剤を摂取した経緯が解明できておらず、自殺や事故の可能性も含めて、捜査を続けている。

 一方、野崎さんの遺産を巡っては、野崎さんの死後、本人が書いたとされる「全財産を田辺市に寄付する」との文書が見つかった。市は昨年9月、文書に法的効力があると判断。少なくとも約13億2000万円にのぼるとされる遺産を寄付として受け入れる方針を明らかにした。

 市は今年1月までに、野崎さんの土地や建物などの所有権を市に移す手続きをほぼ終え、現在は車や美術品などについても進めている。市はこれらの財産の価値の鑑定なども進め、今年度中に遺産総額を確定する構えだ。

 民法では、遺言が有効でも、妻は遺産の半分までを相続できるため、総額が確定した段階で妻側と協議し、遺産を分けることになるとみられる。

 市によると、遺産受け入れの手続きにかかる弁護士委託や不動産鑑定などの費用は、計約1億8000万円と見込んでいる。市の担当者は「早くこの問題に区切りをつけたい。法律にのっとり、遺産額の確定を粛々と進める」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1239072 0 社会 2020/05/25 07:33:00 2021/04/18 08:46:07 2021/04/18 08:46:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)