「白い毛ふわふわ」ヒナ5羽、親鳥の後ろを行進

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

親鳥の後に並んで歩くコブハクチョウのヒナたち(24日、我孫子市で)=菅彩織理撮影
親鳥の後に並んで歩くコブハクチョウのヒナたち(24日、我孫子市で)=菅彩織理撮影

 千葉県柏市と我孫子市にまたがる手賀沼で、コブハクチョウのヒナが誕生し、愛くるしい姿が通りかかる人の目を楽しませている。

 コブハクチョウは観賞用として国内に持ち込まれた外来種で、全国的に野生化した。手賀沼では、数十羽が生息するとみられている。

 24日には、親鳥がヒナ5羽を連れて草を食べたり、一緒に泳いだりする姿が見られた。沼周辺で親子を見かけた人たちは、ふわふわの白い毛に包まれたヒナを「かわいい」と言ってスマートフォンで撮影していた。

 コブハクチョウは人の目を楽しませる一方、周辺の農家では稲を食い荒らす被害も出している。

無断転載・複製を禁じます
1239849 0 社会 2020/05/25 14:54:00 2020/05/25 14:54:00 2020/05/25 14:54:00 農地から水辺を目指し、ぴったり親鳥の後に並んで歩くコブハクチョウのひなたち(我孫子市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200525-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ