黒川氏ら4人の常習賭博容疑、弁護士4人が東京地検に告発状を郵送

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中に賭けマージャンをしたとして、22日付で辞職した黒川弘務・前東京高検検事長(63)について、岐阜県弁護士会と東京弁護士会所属の弁護士4人が25日、常習賭博容疑での告発状を東京地検に郵送した。告発対象には、一緒に賭けマージャンをしていた産経新聞記者2人と朝日新聞社員の元記者1人も含まれている。

 法務省が22日に公表した調査結果では、黒川氏が今月1、13日頃に産経記者らと東京都内の産経記者の自宅で賭けマージャンをしていたと認定。1000点100円のレートで、参加者の間で1万~2万円程度の現金のやりとりがあったとした。4人は約3年前から月1、2回程度、賭けマージャンをしていたという。

 告発状では、同省の調査結果を踏まえ、「仮に月2回とすると、3年間で72回の賭博をしていたことになる。常習性は顕著で賭け金も多額だ」と指摘している。

 告発状の郵送を受け、産経新聞社広報部は記者2人について「すでに記者活動は停止させている」とした上で、「調査結果が固まり次第、厳正に対処します」とコメント。朝日新聞社広報部は「告発に至ったことを重く受け止め、信頼を損ねたことを改めておわびします」とし、社員の役職を外して人事部付としたことを明らかにした。

無断転載禁止
1240230 0 社会 2020/05/25 19:00:00 2020/05/26 06:08:36 2020/05/26 06:08:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ