「アベノマスク忘れた生徒は教室に残る」…中学配布プリントに記載し保護者に謝罪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県深谷市の市立中学校が生徒に配ったプリントの中に、政府が配布する布マスクの着用を生徒に求めたと受け取れる文言があったことが、市教育委員会への取材でわかった。学校側は「誤解を招く表現だった」として25日、保護者にメールで謝罪したという。

 市教委によると、同校は文部科学省から支給された布マスクを、22日の分散登校日に3年生に1枚ずつ配った。プリントはその際に配布したもので、27日の次回の登校日に向けて「アベノマスク着用の確認」「アベノマスクを忘れた生徒は少人数教室に残る」などの記載があった。

 小柳光春教育長は25日に発表したコメントで「マスクを持っていない生徒への配慮として、国支給マスクの有効活用を考えてこのような表現になってしまったが、決してこのマスクに(着用を)限定するものではない」と釈明した。

無断転載・複製を禁じます
1241769 0 社会 2020/05/26 14:48:00 2020/05/26 14:48:00 2020/05/26 14:48:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ