緊急事態でも人出増えた山手線の駅…「15%増」、原因は近くに住宅街

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出されていた間、JR山手線のビジネス街近くの駅周辺では最大で約8割と大幅に人出が減った一方、住宅街に近い駅では駒込駅周辺で逆に増加するなど違いが目立った。在宅で勤務した人たちが、自宅近くの商業施設などに出かけたことが背景にあるとみられる。

 ソフトバンク系列のIT企業「アグープ」がスマートフォンのアプリから得た位置情報を基に半径500メートルの滞在人数を推計したデータを分析した。感染拡大に伴う人出の変化が少なかった2月3日午前10時台と比較し、緊急事態宣言中(4月7日~今月25日)の平日の同じ時間帯で最も人出が少なかった日の増減率を計算した。大型連休の谷間の平日4月30日と5月1日は除いた。

 その結果、東京駅や新橋駅、品川駅などのビジネス街では4月21~27日にかけての減少率が大きく、最大は品川駅の77%。続いて有楽町駅の75%、新橋駅の74%、東京駅の72%だった。商業エリアとビジネス街が混在する渋谷駅は65%、住宅街に隣接する商業エリアの池袋駅は56%減少した。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載禁止
1244158 0 社会 2020/05/27 17:59:00 2020/05/28 17:39:16 2020/05/28 17:39:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200527-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ