早大でアカハラ「育ちが悪い」「早くやめろ」…60代講師解任、ナイフ当て発音指導も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 早稲田大は29日、学生にアカデミック・ハラスメント(立場を利用した嫌がらせ)を行ったとして、同大国際学術院の60歳代の男性講師を解任した。

 発表によると、2018年度と19年度、国際教養学部の授業で、学生に「早く大学やめろ」「育ちが悪い」などと発言したほか、学生の荷物を蹴ったり、ポケットナイフを自分のあごに当てて発音を指導したりするなどの高圧的な行動をしたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1248951 0 社会 2020/05/29 19:59:00 2020/05/29 19:59:00 2020/05/29 19:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)