市街地にクマ出没相次ぐ…暖冬の影響か、目覚め早く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県内の市街地で今月、クマが相次いで出没している。20日は十和田市、26、27日は弘前市や平川市に現れ、県のまとめでは29日現在、八戸市を含む4市で計6件の目撃情報があった。県は暖冬で例年より早く冬眠から目覚めたクマが、餌を求めて市街地に迷い込んだとみている。

 十和田市では20日正午過ぎ、市中心部の官庁街通りで、体長1メートルのクマ1頭が目撃された。その後、近くの市立北園小や市役所付近でも相次いで目撃された。けが人はいなかったが、21日朝は十和田署員らが、登校する児童らを見守った。

 弘前市や平川市でも26~27日、住宅地でクマが目撃され、市職員らが車で巡回し、注意を呼びかけた。

 いずれの市も、新たな目撃情報があれば、再度パトロールを行う方針だ。

 県自然保護課によると、県内全体では、5月の目撃情報は29日現在、昨年同期比1件減の25件という。ただ、昨年5月は、人の往来が多い市街地での目撃情報がなかった。

 同課は、餌が少ない時期に冬眠から目覚めたクマが、餌を求めて行動範囲が広がり、市街地に迷い込んだ可能性が高いとみている。

 県のホームページでは、「ツキノワグマ出没対応マニュアル」が公開されている。同課の担当者は「クマを見つけたら近付いたり騒いだりせず、警察署や各市町村に連絡してほしい」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1249937 0 社会 2020/05/30 05:00:00 2020/06/05 02:23:38 2020/06/05 02:23:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ