暴力団の対立抗争か、神戸山口組系の幹部撃たれ重傷

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 30日午後2時35分頃、岡山市北区田町の駐車場で、「発砲音を聞いた」と110番があった。岡山県警の捜査員が駆けつけたところ、隣に事務所がある特定抗争指定暴力団・神戸山口組系池田組の幹部(58)が腹を拳銃で撃たれて倒れており、搬送されたが、重傷。同組員(62)も近くの路上で倒れており、骨折の重傷を負った。いずれも命に別条はないという。

 県警は緊急配備し、約30分後、現場から2キロ離れた路上で不審な車を発見。車内で回転式拳銃1丁が見つかり、運転していた特定抗争指定暴力団・山口組系組幹部の岸本晃生容疑者(52)(鳥取県米子市)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 県警によると、池田組では2016年5月、幹部が山口組系組員に射殺される事件があり、この日午前、別の場所でこの幹部の法要が営まれていた。県警は対立抗争事件とみて、岸本容疑者を殺人未遂容疑でも調べる。

無断転載禁止
1250148 0 社会 2020/05/30 15:58:00 2020/05/31 00:30:39 2020/05/31 00:30:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ