「3密対策」「咳エチケット」女性の方が守る…関西大がアンケート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が25日に全面解除された後も、8割以上の人が「3密(密閉、密集、密接)を避ける」「せきエチケット」を意識し、実行していることが関西大のアンケートでわかった。多くの人がウイルスは消えていないと考え、感染予防の徹底を継続する傾向が明らかになった。

 様々な感染予防対策を示した政府の「新しい生活様式」の実施状況を確かめようと、関西大の元吉忠寛教授(災害心理学)が全面解除後の26、27両日、東京都、大阪府、岩手県の計1200人にインターネットでアンケートを実施。

 対象とした生活様式11項目のうち、「3密を避ける」と「咳エチケット」以外では、「症状がなくてもマスクを着用」(77・2%)や「こまめな換気」(69・7%)、「人との間隔を2メートル空ける」(69・2%)などを実行している人の割合が高かった。一方、「帰宅後顔を洗う」(25・1%)などあまり聞き慣れない行動は低い割合だった。

 感染が確認されていない岩手県でも高い割合で咳エチケットなどを実行しており、東京や大阪と大きな差はなかった。男女別では女性の方が多くの項目で実行する割合が高かった。

 元吉教授は「以前の生活スタイルに戻ることは難しい。感染リスクとうまくつき合うための行動が必要だ」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1251331 0 社会 2020/05/31 09:34:00 2020/05/31 10:58:25 2020/05/31 10:58:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ