集団感染の大型クルーズ船、長崎出港しマニラへ…対応検証も誘致は継続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 

重症化リスク7人に大阪市が連絡漏れ、データ処理ミス

 新型コロナウイルスの集団感染が発生した大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」が31日午前、長崎市の長崎港を出港し、フィリピン・マニラに向かった。

 同港の三菱重工業長崎造船所香焼(こうやぎ)工場に停泊していた同船では、4月20日に乗員の感染が初めて確認され、その後、全乗員約620人を検査。計149人の感染が判明した。軽症や無症状などの乗員は客室に隔離し、重症者らは市内の感染症指定医療機関に入院した。

 再検査で陰性となった乗員ら495人は帰国のため下船。船には126人が残っていた。31日現在で入院中の6人は治療が終わり次第、帰国する予定。

 長崎県によると、船は同日午前、中村法道知事や医療スタッフらが見守る中、港を離れた。県は今回の対応を検証し、クルーズ船の感染症対策や受け入れ態勢の整備に生かす考えだ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1251434 0 社会 2020/05/31 19:52:00 2020/05/31 23:23:46 2020/05/31 23:23:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)