集団感染の大型クルーズ船、長崎出港しマニラへ…対応検証も誘致は継続

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 

 新型コロナウイルスの集団感染が発生した大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」が31日午前、長崎市の長崎港を出港し、フィリピン・マニラに向かった。

 同港の三菱重工業長崎造船所香焼(こうやぎ)工場に停泊していた同船では、4月20日に乗員の感染が初めて確認され、その後、全乗員約620人を検査。計149人の感染が判明した。軽症や無症状などの乗員は客室に隔離し、重症者らは市内の感染症指定医療機関に入院した。

 再検査で陰性となった乗員ら495人は帰国のため下船。船には126人が残っていた。31日現在で入院中の6人は治療が終わり次第、帰国する予定。

 長崎県によると、船は同日午前、中村法道知事や医療スタッフらが見守る中、港を離れた。県は今回の対応を検証し、クルーズ船の感染症対策や受け入れ態勢の整備に生かす考えだ。

無断転載・複製を禁じます
1251434 0 社会 2020/05/31 19:52:00 2020/05/31 23:23:46 2020/05/31 23:23:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ