感染者出たら来場者にメール、新QRシステム始動…初日は登録7割

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スマートフォンでQRコードを読み取る来場者(岐阜市の県美術館で)
スマートフォンでQRコードを読み取る来場者(岐阜市の県美術館で)

 公共施設の来場者から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、同じ日に訪れた人にメールで知らせる岐阜県の「感染警戒QRシステム」の運用が30日、始まった。

 来場者が入り口に掲示されたQRコードをスマートフォンで読み込み、自分のメールアドレスを登録。感染者が同じ日に訪れていたことなどが判明した場合、その事実や相談先を記したメールが送られる。クラスター(感染集団)が発生した際、追跡調査に役立つことが期待されており、県図書館など約250の県施設のほか、岐阜城など各市の公共施設で順次導入される。

 この日、岐阜市の県美術館では51人の来場者のうち、約7割の36人が登録。同市の会社員(60)は「今後、感染拡大の第2波が来る可能性もあり、この形がスタンダードになると思う」と納得した様子。システム開発に関わった、県の海蔵かいぞう敏晃・情報企画課長は「感染者が判明した場合でも早め早めの対応ができる。個人情報保護には万全を期しているので、安心してシステムを利用してほしい」と話し、来場者を見守っていた。

無断転載・複製を禁じます
1251602 0 社会 2020/05/31 17:32:00 2020/05/31 17:32:00 2020/05/31 17:32:00 スマートフォンを掲げてQRコードを読み取る来場者(岐阜市宇佐の県美術館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200531-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ