読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北九州の病院でクラスターか、医療スタッフ9人の感染確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北九州市は1日、新たに16人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。市内の新規感染者確認は5月23日から10日連続で、この間の感染者は113人に上っている。

 発表によると、16人のうち9人は八幡西区の産業医科大病院の医療スタッフで、市は「クラスター(感染集団)が発生した可能性がある」としている。いずれも5月30日に感染が確認された40歳代女性(入院中)の濃厚接触者。同病院は2日から、新規の外来患者の診察を停止する。小学生1人の新たな感染も判明した。すでに感染が分かっている児童のクラスメートで、この学校の感染者は計2人となった。

 市内での5月23日以降のクラスター発生は、同病院を含めて医療機関3か所と特別養護老人ホーム、小学校の計5か所に拡大した可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1254999 0 社会 2020/06/02 07:18:00 2020/06/02 07:18:00 2020/06/02 07:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)