レインボーブリッジ、虹色から警戒の赤へ…「東京アラート」発動

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は2日、新型コロナウイルスの感染が再び拡大する兆候が表れたとして、都独自の警戒宣言「東京アラート」を発動した。都内ではこの日、5月14日(30人)以来の水準となる34人の感染が判明。小池百合子知事は対策本部会議で「夜の繁華街など『3密』のリスクの高い場所には十分注意してほしい」と強調した。

「東京アラート」が発動され、警戒を呼びかける赤色にライトアップされたレインボーブリッジ(2日午後11時2分、東京都港区で)=上甲鉄撮影
「東京アラート」が発動され、警戒を呼びかける赤色にライトアップされたレインボーブリッジ(2日午後11時2分、東京都港区で)=上甲鉄撮影

 アラートの発動は初。都は午後11時、警戒を呼びかけるため、東京湾上のレインボーブリッジや、都庁舎を赤色にライトアップした。

「東京アラート」が発動され、警戒を呼びかける赤色にライトアップされた都庁舎(2日午後11時、東京都新宿区で)=横山就平撮影
「東京アラート」が発動され、警戒を呼びかける赤色にライトアップされた都庁舎(2日午後11時、東京都新宿区で)=横山就平撮影

 都は3段階で行う休業要請の緩和のうち、1日に「第2段階」に移行したばかり。アラートについては、〈1〉1日当たりの新規感染者数が直近7日間平均で20人以上〈2〉感染経路不明者の割合が50%以上〈3〉週単位の感染者の増加比が1を超える――の3指標を一つでも満たした場合、医療体制なども踏まえて発動を検討する仕組みだ。

 2日時点で都が最も重視する〈1〉は16・3人で目安を下回っているが、〈2〉は50%、〈3〉が2・15倍で超えている。最近は特にホストクラブやガールズバーなどの従業員や客の感染が目立つという。

 一方、事業者に休業を再要請する基準は、〈1〉が50人以上と設定されており、まだ開きがあるため、都は現時点で要請緩和の見直しまでは行わないという。

無断転載禁止
1256147 0 社会 2020/06/02 18:16:00 2020/06/03 08:18:25 2020/06/03 08:18:25 「東京アラート」の発動を受け、ライトアップの色が赤色に変わったレインボーブリッジ(2日午後11時2分、東京都港区で)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200602-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ