【独自】流行前の生活に戻すと「都内の感染1日100人」…西浦教授ら試算

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの流行前の生活に戻すと、7月中に、東京都内で再び大きな流行が起こる可能性があるとする試算を、北海道大の西浦博教授(理論疫学)らの研究チームがまとめた。

 研究チームは、5月下旬までの東京都内の感染状況のデータを基に、今後の状況を予測した。その結果、流行前のような生活を続けた場合、7月中に東京都内の感染者数が1日100人以上になると予測した。

 一方、居酒屋や接待を伴う飲食店、医療機関、福祉施設などで人との接触を30~50%減らせば、感染者数は低い水準を保てるとした。ただし、医療機関や福祉施設は社会活動の維持に不可欠で、人との接触を減らすことは難しいとし、飲食店などで、接触を減らす工夫を求めている。

 西浦教授は「緊急事態宣言は解除されたが、流行が終わったわけでは決してない。密閉、密集、密接の『3密』が重なる環境など、感染リスクが高い場所では注意を続けてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1256825 0 社会 2020/06/03 05:00:00 2020/06/03 14:00:27 2020/06/03 14:00:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ