読売新聞オンライン

メニュー

ガス漏れ?シンナー?、「異臭」通報450件…三浦半島沿岸を「北上」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県の三浦半島の沿岸部で4日夜、「異臭がする」との110番や119番が相次いだ。「ニンニクみたい」「ガス漏れのよう」「接着剤やシンナー?」など様々で、県警や消防などが原因を調べている。

 横須賀市消防局には、午後8時過ぎから1時間半ほどの間に150件超の通報があり、県警横須賀署や浦賀署への通報も計300件ほどに上った。

 同消防局によると、異臭の訴えは、三浦半島南端付近から寄せられ始め、次に南東部、その次は東部と、沿岸を“北上”した。午後9時45分の時点で、異臭による体調不良での救急搬送はなく、住民らが集団で避難するような状況にもなっていないという。

 横須賀市汐入町の自営業の男性(56)は「午後9時頃、ガソリンというか、ガス漏れみたいな臭いがした。何か事故でもあったのではと不安になった」と話した。

 ただ、県警や消防、海上保安庁には、大規模な事故やガス漏れなどの情報は入っていないという。

無断転載・複製を禁じます
1260041 0 社会 2020/06/04 22:36:00 2020/06/04 22:44:25 2020/06/04 22:44:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)