ポリ袋の中に1000万円の束が三つ、窓口で男性「渡しましたよ」…市は寄付と判断

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奈良市は4日、窓口を訪れた匿名の男性から3000万円の寄付を受けたと発表した。市は新型コロナウイルス対策に活用する。

 市によると、この日午後5時頃、市総務課の窓口を60、70歳代くらいの男性が訪れ、「渡しましたよ」と話しながら、持参したポリ袋を応対した20歳代の女性職員に手渡した。職員が袋の中を見ている間に男性は立ち去ったという。

 袋には、1000万円の束が三つ入っていた。札束には、奈良市が募集している「市新型コロナ対策支援寄付金」の用紙から切り取った「貧困家庭の支援」「教育環境の改善」「医療体制の充実」と書かれた紙片が、一つずつに貼り付けられていた。

 個人を特定するものはなかったが、市は新型コロナ対策への寄付と判断。仲川げん市長は「ご厚意を大切にして、活用させていただきます」とのコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます
1261596 0 社会 2020/06/05 20:27:00 2020/06/06 08:50:50 2020/06/06 08:50:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ