がに股の「へたれガンダム」、ビームライフル盗まれる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ビームライフルを持った「へたれガンダム」(4月29日)
ビームライフルを持った「へたれガンダム」(4月29日)

 福島市平石地区にある「へたれガンダム」が手に装備していた「ビームライフル」が盗まれていたことが関係者への取材で分かった。先月3日、現場を訪れた男性が異変に気付き、地元の阿部克己区長(70)が同日中に被害届を福島署に提出した。同署は窃盗事件として捜査している。

ビームライフルが盗まれた「へたれガンダム」(6日、福島市平石で)
ビームライフルが盗まれた「へたれガンダム」(6日、福島市平石で)

 「へたれガンダム」は、福島市のアマチュア鉄作家が2010年に制作し、同地区の道路脇に設置した体長約2メートルの鉄製のガンダム像。丸みを帯びた顔や少しがに股の足が「絶妙なへたれ具合」と一部愛好家の間で人気を集め、地元のファンらがびた像を塗装するなどしてきた。ビームライフルも鉄製の自作だった。

 阿部区長は「設置から10年間、多くの人に愛されてきたので非常に残念だ。作者は制作した翌年に他界しており、へたれガンダムは遺作でもある。銃を持っていった人は早急に返還してほしい」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1263927 0 社会 2020/06/07 12:44:00 2020/06/10 12:51:53 2020/06/10 12:51:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200606-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)