国内の新規感染45人、うち15人は成田空港検疫で判明…パキスタンから14人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内では9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに45人確認された。このうち15人は、成田空港での検疫で感染が判明した。死者は神奈川県の1人で、累計923人になった。

 厚生労働省によると、空港検疫で感染が確認された15人は外国籍で、10~60歳代が13人、10歳未満が2人。全員症状はないという。15人のうち14人は7日にパキスタンから到着。残り1人はペルーやメキシコに滞在し、8日に同空港に着いた。

 東京都内では、感染者が12人確認された。1日の感染者が20人を下回るのは3日連続で、累計感染者数は5408人となった。都によると、12人のうち感染経路が判明していないのは7人。接待を伴う飲食店の従業員や客ら「夜の街」関連の人はいなかったという。

 大阪府では、宿泊施設での療養者2人が療養を解除され、4月14日の受け入れ開始以来初めて療養者がゼロとなった。感染者は2日連続で確認されなかった。

無断転載・複製を禁じます
1268143 0 社会 2020/06/09 21:12:00 2020/06/10 21:43:13 2020/06/10 21:43:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200610-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ