偕楽園で初夏恒例「梅の実落とし」…コロナで一般販売は中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

竹ざおで枝を揺らし、落とされた梅の実(11日午前、水戸市の偕楽園で)=菅野靖撮影
竹ざおで枝を揺らし、落とされた梅の実(11日午前、水戸市の偕楽園で)=菅野靖撮影

 日本三名園の一つで、梅の名所として知られる水戸市の偕楽園で11日、園内にある約3000本から成熟前の実を収穫する「梅の実落とし」が始まった。

 木に養分を行き渡らせ、翌年にきれいな花を咲かせるための作業。この日は午前8時半頃から、作業員らが長さ3~4メートルの竹ざおで木を揺らし、次々と青い実を落としていった。

 今年は新型コロナウイルス感染防止のため、収穫した実の一般向け販売は中止し、梅干しなどの製造業者に提供する。偕楽園公園センターは「来年の花と実を楽しみにしてほしい」としている。作業は12日まで。

無断転載・複製を禁じます
1271651 0 社会 2020/06/11 14:36:00 2020/06/11 14:36:00 2020/06/11 14:36:00 竹ざおで木の枝を揺らし、落とされた梅の実(11日午前9時2分、水戸市の偕楽園で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200611-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ