読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

運転免許証、コンビニのコピー機に置き忘れ多発…給付金申請で?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

運転免許証などの忘れ物への注意を呼びかける貼り紙
運転免許証などの忘れ物への注意を呼びかける貼り紙

 新型コロナウイルス対策として一律10万円が支給される「特別定額給付金」をめぐり、郵送申請に写しが必要な運転免許証などの身分証明書類を、コンビニ店のコピー機などに置き忘れる事例が県内で相次いでいる。外出自粛の影響から拾得物全体が減っている中で、5、6月の運転免許証の拾得物は前年同期比で増加。秋田県警は、コピー機を利用した後に確認を徹底するよう呼びかけている。

 県警会計課によると、県内の各自治体で給付金の郵送申請が始まった5月、前年同月より49点多い199点の運転免許証が県警に拾得物として届けられた。6月は10日現在ですでに90点届いており、前年同月の50点を上回っている。

 例年は転出入が多い春先に増える傾向があるが、今年は5月の届け出点数が4月の101点を上回った。コンビニやスーパーなどの店舗で拾われるケースが多いことから、同課は給付金申請のためにコピーした際に置き忘れたとみている。

 大仙署では、管轄する大仙市と美郷町で申請書が郵送された5月7日以降、店舗に運転免許証が忘れられるケースが相次いだ。同12日に7件あったため、同署は注意喚起するチラシを管内の各コンビニに配布した。

 店側では独自に対応するところもある。セブン―イレブン・ジャパンでは、「行政による給付金の支給にあたりコピー機使用後の忘れ物が増加しております」などと書いた掲示物を用意。秋田市内の店舗では、同市で申請書類の郵送が始まった同28日以降、通帳や運転免許証の忘れ物が増えており、店内のコピー機に貼って注意を呼びかけている。

 県警会計課によると、県が発行するプレミアム付き飲食券を郵送で申請する際にも身分証明書類の写しが必要で、同様の置き忘れが懸念されるという。同課の阿部展久次長は「コピー機を利用したら、置き忘れがないか複数回確認してほしい。万が一忘れた場合もあきらめずに警察署に届け出てほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1275253 0 社会 2020/06/13 09:58:00 2020/06/13 15:22:28 2020/06/13 15:22:28 コピー機に貼られた注意喚起の紙(11日午後1時21分、秋田市山王のセブン―イレブン秋田山王大通り店で)=山路草太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200612-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)