どこまで葬儀に呼ぶか、参列して大丈夫か…喪主らの苦悩続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

つばさ公益社が行う葬儀の配信。スマホなどで撮影し、関係者に配信する(佐久市で)
つばさ公益社が行う葬儀の配信。スマホなどで撮影し、関係者に配信する(佐久市で)

 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、密閉、密集、密接の「3密」を避け、親族らで家族葬を執り行う遺族が増えている。参列できない人のため、葬儀の様子をライブ配信する「オンライン葬儀」を始めた葬儀社も。新型コロナは、最愛の人との最後の別れも変えつつある。(山村翠)

 長野市の70歳代の男性は4月下旬、70歳代の妻を亡くした。交友関係も広かった妻。最後は多くの人に見届けてほしかった。ただ、亡くなった時期は緊急事態宣言が発令され、外出自粛が求められていた。「万が一、参列者に感染者が出たら大変」。北関東や大阪などで暮らす孫や親戚も呼ばず、長野県内に住む15人程度で家族葬を行った。男性は「さみしい式になってしまい、妻がかわいそうだった。落ち着いたら親戚を集めてお別れ会を開きたい」と話す。

 家族葬など小規模な葬儀を扱う佐久市の「つばさ公益社」では、緊急事態宣言の対象が全国に広がった4月中旬頃から、「大勢の人は呼べないので、家族葬で済ませたい」といった相談が寄せられるようになった。4月に同社を利用した遺族は、前年同期に比べて約3割増えたという。

 通夜振る舞いをしないといった簡素化のほか、通夜を省いた「1日葬」や火葬のみを行う「直葬」など、葬儀日程を短縮する傾向も強まっているという。篠原憲文社長は「葬儀は日延べすることが難しく、やむを得ず限られた参列者で執り行う遺族も多い」と話す。

 「立ち会いたかった葬儀に参列できなかった」との声も聞くようになり、同社は先月、葬儀のライブ配信を導入。あらかじめ送られてきたURLにアクセスすると、スマートフォンやパソコンに会場の様子が表示される。篠原社長は「葬儀のデジタル化は抵抗感がある人も多かったが、新型コロナで見方が変化した」と説明する。

 長野市の「ブライト信州」も同様のサービスを無料で始めた。同市や須坂市などにある葬祭ホール10か所で利用できる。最近は参列者が5人以下の葬儀もあるといい、担当者は「当面は葬儀の小規模化の流れは変わらないのでは」としている。

 読売新聞の地域版に無料掲載している「おくやみ欄」でも、「近親者で済ませた」など家族葬とみられるケースは3月は89件だったが、4月は167件、5月は199件に増えている。

 葬儀関連の総合情報サイトを運営する「鎌倉新書」(東京)広報担当の古屋真音さんは「緊急事態宣言は解除されたが、どこまで葬儀に呼んだらいいか、参列しても大丈夫かという喪主と参列者の苦悩はしばらく続く。思うような葬儀が出来なかったという後悔を晴らすため、新型コロナの終息後はお別れ会のニーズが増すのでは」としている。

無断転載・複製を禁じます
1273679 0 社会 2020/06/12 12:55:00 2020/06/12 12:55:00 2020/06/12 12:55:00 つばさ公益社が行う葬儀の配信。スマホなどで撮影し、関係者に配信する(佐久市で)=山村翠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200612-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ