家族もキミも悪くない・コロナの名に誇り…社長が社員の子へ激励の手紙

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟県三条市の暖房機器製造大手「コロナ」の小林一芳社長は、社名が新型コロナウイルスを連想させることで胸を痛めている社員の子どもに向けて、「ご両親に誇りを持ってほしい」という思いを込めたメッセージを公開した。約2300人の全社員に手紙として送るという。

 <もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから。わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています。キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです>など、メッセージは全てかなで書かれ、心を励ます内容としている。

 同社によると、社名のコロナは、石油コンロの青い炎や太陽の周囲に現れるコロナのイメージを重ね、親しみやすいブランド名として1935年に商標登録。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う風評被害や差別は確認されていないが、一部の社員から「子どもが落ち込んでいた」「『コロナって悪いの?』と子どもに聞かれた」といった声が寄せられたため、手紙を送ることを決めた。小林社長は「子どもたちの不安や疑問を一掃し、社員の心も鼓舞したい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1274919 0 社会 2020/06/13 04:00:00 2020/06/13 08:52:10 2020/06/13 08:52:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ