感染者の8割、東京・神奈川含む8都道府県に集中…39県解除から1か月

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の緊急事態宣言が39県で解除されてから、14日で1か月となる。全国で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者(5月13日~6月12日)は1241人で、このうち39県の感染者は282人。茨城、福井、沖縄など22県では感染者が確認されていないが、福岡県では北九州市で多くの感染者が確認されたこともあり、計166人に上った。

近年まれに見る出来の「夕張メロン」、2玉300万円で落札…100人に無料提供へ

 5月21日以降に宣言が順次解除された8都道府県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫)の感染者は計959人で、全体の約8割を占めた。東京、神奈川、北海道の3都道県ではほぼ毎日、新たな感染者が確認されており、今月12日までの1か月間でみると東京440人、神奈川209人、北海道175人に上った。

 都市部を中心に新規感染者が相次ぐ中、今月19日には県をまたぐ観光の移動も容認される予定で、各地の自治体では感染防止策の徹底を呼びかけている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1275958 0 社会 2020/06/13 21:48:00 2020/06/13 22:39:27 2020/06/13 22:39:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200613-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)