映画会社「アップリンク」元従業員5人、パワハラで代表らを損賠提訴

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 映画の配給や映画館運営などを行うアップリンク(東京都渋谷区)の浅井隆代表からパワーハラスメントを受けたとして、同社の元従業員5人が16日、浅井代表や同社や関連会社を相手取り、100万~165万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 同日、記者会見した原告らは、就労期間中に人格を否定するような暴言を浴びせられるなど、度重なるパワハラにより、心身に不調を来すようになったなどと訴えた。

 浅井代表は同日、ホームページで「不適切な言動があったことを深く反省し、謝罪致します」などとコメントを発表した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1281527 0 社会 2020/06/16 20:56:00 2020/06/16 21:38:34 2020/06/16 21:38:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)