【独自】河井夫妻、現金提供時に領収書求めず…買収の意図裏付けか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年7月の参院選を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反容疑で逮捕された衆院議員の河井克行・前法相(57)(自民党を離党)と妻の案里・参院議員(46)(同)が地元議員らに現金を提供した際、領収書の発行を求めなかったことが関係者の話でわかった。克行容疑者が強硬に拒んだケースもあったという。

 国会議員側から地元議員側への資金提供は一般的に行われているが、政治資金規正法に基づき寄付として処理する必要がある。政治団体間の寄付の場合、提供した側は原則、政治資金収支報告書に記載し、領収書を添付しなければならない。

 このため、東京地検特捜部と広島地検は、夫妻が提供した現金は適法な「寄付」ではなく、参院選での票の取りまとめや投票を依頼する買収資金だったことを裏付けるとみている。

残り:8文字/全文:345文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1288802 0 社会 2020/06/20 05:00:00 2020/06/20 05:34:06 2020/06/20 05:34:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ