読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染クラスター、発症前の若者から広がる…厚労省対策班が調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)は、若い世代から感染が広がった事例が多いとの調査結果を、厚生労働省クラスター対策班の研究者らがまとめ、米疾病対策センター(CDC)の専門誌に発表した。発症前の人がウイルスを持ち込んだ事例もあり、研究チームは、感染を疑う症状がなくても、マスクをしたり、距離をとったりする対策が重要と指摘する。

 東北大の押谷仁教授や京都大の古瀬祐気特定助教らは、1月15日~4月4日に国内で感染が確認された3184人を対象に、5人以上の感染者が出たクラスターの発生状況を調べた。

 その結果、クラスターは61件見つかった。発生場所別では、医療機関が18件で最も多く、介護施設と飲食店が各10件、職場が8件、音楽関係のイベントが7件と続いた。

 最初にウイルスを持ち込んだとみられる人を特定できたのは22件で、20歳代が6人、30歳代が5人で合わせて半数を占めた。うち16件は、最初の人が感染を広げた日が判明した。発症の3日前が1件、2日前が3件、1日前が5件で、発症前から感染を広げていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1289466 0 社会 2020/06/20 15:00:00 2020/06/20 17:30:37 2020/06/20 17:30:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)