利水ダム620基、事前放流へ…貯水能力倍増で洪水対策

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 豪雨や台風による洪水対策を強化するため、国は、発電や農業用水などに限って使われていた「利水ダム」も活用できるよう運用を見直した。台風などの前に、新たに620基の利水ダムで事前放流を実施することで、雨水などの貯水能力を46億立方メートルから91億立方メートルに倍増させる。

 利水ダムは、水力発電や農業用水確保などを目的とする。治水機能を持つ多目的ダム(570基)の約1・6倍の900基が全国に設置されているが、事前放流で水位を下げ、雨水などをためる洪水対策には、ほぼ使われていなかった。

 運用が見直されることになったのは、1級河川を抱える水系にある利水ダム620基。国は電力会社や利水事業者らと協議を進め、事前放流後に水位が回復しない場合に、国が費用の一部を補填ほてんするなどの内容で協定を締結した。これによって洪水対策への活用が可能となり、雨水などの貯水能力(洪水調節容量)は、八ッ場ダム50基分にあたる45億立方メートル増え、見直し前の2倍となった。

 昨年10月の台風19号で武蔵小杉(神奈川県)などに浸水被害が出た多摩川水系は、利水ダムしかなく、洪水調節容量はゼロだったが、新たに3600万立方メートルが確保された。同規模の降雨であれば浸水を防ぐことができるという。

 また、首都圏を流れる利根川水系や、大阪の淀川水系なども2倍程度に増える。

 国は今後、降雨量などの予測精度を高めるため、人工知能(AI)の活用なども検討する。

無断転載・複製を禁じます
1292494 0 社会 2020/06/22 10:36:00 2020/06/22 13:04:33 2020/06/22 13:04:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ