読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

往来自粛解除したのに、人出減った福島駅と郡山駅…「理由分からない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 首都圏の4都県などとの往来自粛が解除されて初の日曜となった21日、福島県の福島駅と郡山駅の人出は自粛中だった前週と比べ、かえって減ったことが、NTTドコモのデータをもとにした分析で分かった。東北の他県の主要駅ではいずれも解除を受けて増加している。福島県で減った理由について、県は「よく分からない」としている。

 携帯電話の位置情報にもとづくNTTドコモの「モバイル空間統計」で、主要駅の前年同月(週末平均)からの減少率同士を比較した。福島駅は、14日が19・7%減、21日は23・5%減。郡山駅は14日は15・7%減、21日が20・7%減で、どちらの駅の人出も3~5ポイント少なくなっていた。これに対し、仙台駅は4・5ポイント増、秋田駅は7ポイント増となるなど、近隣の他県は軒並み増加していた。

 一方、週末(20、21日)に福島県を訪れた人がどこから来たかを分析したところ、隣の宮城、茨城に次いで3位が東京で、前週末から45%増。逆に福島県から首都圏への移動は、千葉が前週末から31%増、東京が11%増だった。

 県新型コロナウイルス対策本部の担当者は「人出は全体的には回復基調にあると見ている。詳細についてはデータを持ち合わせていないので答えられない」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1294807 0 社会 2020/06/23 08:14:00 2020/06/23 09:15:54 2020/06/23 09:15:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200622-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)