往来自粛解除したのに、人出減った福島駅と郡山駅…「理由分からない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 首都圏の4都県などとの往来自粛が解除されて初の日曜となった21日、福島県の福島駅と郡山駅の人出は自粛中だった前週と比べ、かえって減ったことが、NTTドコモのデータをもとにした分析で分かった。東北の他県の主要駅ではいずれも解除を受けて増加している。福島県で減った理由について、県は「よく分からない」としている。

 携帯電話の位置情報にもとづくNTTドコモの「モバイル空間統計」で、主要駅の前年同月(週末平均)からの減少率同士を比較した。福島駅は、14日が19・7%減、21日は23・5%減。郡山駅は14日は15・7%減、21日が20・7%減で、どちらの駅の人出も3~5ポイント少なくなっていた。これに対し、仙台駅は4・5ポイント増、秋田駅は7ポイント増となるなど、近隣の他県は軒並み増加していた。

 一方、週末(20、21日)に福島県を訪れた人がどこから来たかを分析したところ、隣の宮城、茨城に次いで3位が東京で、前週末から45%増。逆に福島県から首都圏への移動は、千葉が前週末から31%増、東京が11%増だった。

 県新型コロナウイルス対策本部の担当者は「人出は全体的には回復基調にあると見ている。詳細についてはデータを持ち合わせていないので答えられない」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1294807 0 社会 2020/06/23 08:14:00 2020/06/23 09:15:54 2020/06/23 09:15:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200622-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ