読売新聞オンライン

メニュー

沖縄戦75年「慰霊の日」、コロナで規模縮小…首相や閣僚招待せず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地だった沖縄県糸満市摩文仁まぶにの平和祈念公園では「沖縄全戦没者追悼式」が行われた。戦後75年の節目となったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、主催する県と県議会は規模を大幅に縮小し、安倍首相や関係閣僚の招待を見送った。

座席の間隔を空けた式典会場で黙とうする参列者(23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影
座席の間隔を空けた式典会場で黙とうする参列者(23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影

 式典には、玉城デニー知事のほか、県内の自治体の首長や遺族代表ら約160人が出席し、正午に約1分間の黙とうをささげた。例年は約5000人が参列してきたが、今年は人数を限定し、参列者は約2メートルの間隔をとって並んだ。

 玉城知事は「平和宣言」で沖縄戦の教訓を次世代に伝えていく決意を示し、「戦争を風化させないための道のりを真摯しんしに探り、この島が平和交流の拠点となるべく国際平和の実現に貢献する役割を果たしていく」と述べた。

 安倍首相はビデオであいさつ。「沖縄の方々には、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいている」とした上で、「基地負担軽減に全力を尽くす」と強調した。

 また、被爆地・広島の松井一実市長、長崎の田上富久市長、国連の中満泉事務次長・軍縮担当上級代表がビデオメッセージを寄せた。

マスクを着けて「平和の礎」を訪れ、亡くなった親族を悼む遺族ら(23日午前6時36分、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=浦上太介撮影
マスクを着けて「平和の礎」を訪れ、亡くなった親族を悼む遺族ら(23日午前6時36分、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=浦上太介撮影

 沖縄戦などの戦没者の名前を刻んだ同公園の「平和のいしじ」には新たに30人が刻銘され、総数は24万1593人になった。

無断転載・複製を禁じます
1295330 0 社会 2020/06/23 12:19:00 2020/06/23 13:39:44 2020/06/23 13:39:44 追悼式で黙とうする参列者ら(23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200623-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)