読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

秋に閉店「づぼらや」フグ看板、大阪市長「オブジェとして残すことも」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

閉店が決まった「づぼらや」の新世界本店(11日午後7時4分、大阪市浪速区で)=近藤誠撮影
閉店が決まった「づぼらや」の新世界本店(11日午後7時4分、大阪市浪速区で)=近藤誠撮影

 大阪市の松井一郎市長は23日、9月で閉店する新世界の老舗フグ料理店「づぼらや」が設置するフグの巨大看板の存続を求める声が出ていることについて、「オブジェとして管理ができるのであれば、そのまま残すことも検討したい」と述べた。看板は「基準違反」の状態だが、事業者や地元などで適切に管理されるならば、市として保存に向けて対応を検討する考えを示した。

 巨大看板(長さ5メートル、幅3メートル、高さ3・5メートル)を巡っては、市の屋外広告物の基準に反しているとして、市が9年前に新世界本店(浪速区)を指導したものの、改善されてこなかった経緯がある。松井市長は市役所で記者団に「(市は)完全に黙認してきた。看板は安全な形で維持されてきて、市としても見過ごしてきた」と釈明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1296413 0 社会 2020/06/23 19:05:00 2020/06/23 19:37:46 2020/06/23 19:37:46 閉店が決まった「づぼらや」の新世界本店(11日午後7時4分、大阪市浪速区で)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200623-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)