「土日の一般道」、あおり運転発生の多いパターン…高速道の3倍強

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警察庁が、2018~19年に摘発された悪質な「あおり運転」計133件を分析したところ、幅寄せや蛇行運転の「安全運転義務違反」が42・1%と最多だったことがわかった。免許保有者10万人当たりの加害者数は10歳代が最多で、若年層であおり行為を起こす割合が高かった。

■あおり運転の内容、距離は…

 警察庁が分析したのは、全国の警察が暴行などの刑法と、自動車運転死傷行為処罰法の危険運転致死傷罪(妨害目的)で18~19年に摘発した悪質な「あおり運転」計133件。

 同庁によると、態様別(複数該当)では安全運転義務違反に次いで「急ブレーキ」が36・1%、「車間距離不保持」が33・1%、「進路変更」が31・6%、「警音器の使用」が15・8%だった。

 あおり運転が続いた距離は、高速道では「2キロ以上」が48・3%に上り、「1・5キロ以上2キロ未満」が17・2%だった。一般道では「500メートル未満」が58・6%を占めた。

 曜日別では土日の発生が39・1%と多かった。発生場所は一般道が76・7%で、高速道路は23・3%だった。

■あおり運転、何が「きっかけ」になったか

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載禁止
1306111 0 社会 2020/06/28 05:00:00 2020/06/28 05:00:00 2020/06/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200625-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ