感染ゼロの岩手、県外からの転入生に2週間の登校自粛求める…文科省「不適切」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大の防止のためとして、岩手県内4市町村の教育委員会が、県外から転入してきた小中学生に2週間登校を控えるよう求めていたことが25日、県教育委員会などへの取材でわかった。文部科学省は「一律に登校自粛を求めたのは適切ではない」としており、県教委の担当者は「行き過ぎた対応だった。児童生徒の健康状態などを聞き取って、個別に判断するべきだった」と話している。

 県教委によると、一関市、奥州市、洋野町、九戸村の各教委が3月下旬~4月上旬、県外から転入してきた児童生徒に登校を控えるよう保護者らに伝えた。各教委によると、対象の児童生徒は計23人に上った。

 県は3月30日、首都圏から転入してきた人に対して2週間、不要不急の外出を自粛するよう求めた。県教委の担当者は「4市町村教委は県の外出自粛要請を取り違えたようだが、児童生徒の登校は不要不急ではない」として、「登校自粛要請は行き過ぎた対応だった」と指摘した。

 各教委は自粛要請の理由として「感染予防と、いじめへの不安」(一関市)、「保護者からの不安の声」(洋野町)などを挙げたが、いずれも既に要請を解除した。県内では25日現在、新型コロナの感染者は確認されていない。

無断転載禁止
1301236 0 社会 2020/06/25 19:30:00 2020/06/26 00:31:34 2020/06/26 00:31:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ