ネット中傷の被害者を支援、全国初の条例制定へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 群馬県は25日、SNSなどインターネット上で誹謗ひぼう中傷を受けた被害者への支援策を盛り込んだ条例を全国で初めて制定すると発表した。中傷した発信者に対する刑事告訴の際の助言や精神的な苦痛に対するサポートの実施、ネット上の情報の真偽を子供が判断できるように教育の推進も盛り込む。

 県は、有識者による検討会を設けて条例案の内容を詰め、年度内の制定を目指す。山本一太知事は「子供や新型コロナウイルス陽性者へのネットいじめなどに、県として対応する意思を示す」と、条例化の意義を強調した。

無断転載・複製を禁じます
1301294 0 社会 2020/06/25 19:55:00 2020/06/26 00:31:35 2020/06/26 00:31:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ